目に合わない場合はどうする?

目に合わない場合はどうする?

目に合わない場合はどうする? 乱視用カラコンが合わない場合、痛みや充血といったトラブルが発生してしまうことがあります。
これらは何らかのトラブルが起こっている証拠であり、早めに対処する必要があります。
痛みや充血は目の疲れなどで一時的に起こることもありますが、何度も発生する場合は眼科を受診した方が良いでしょう。
このようなトラブルが起こってしまう理由としてはまず、レンズに汚れがついているということが考えられます。
特に使い捨てではないタイプの乱視用カラコンを使っている場合は注意しましょう。
目に見えなくてもレンズに小さな汚れが蓄積されていることがありますし、そのまま使っていると目に負担がかかってしまうのです。
また、他の人が使っている乱視用カラコンを使うというのも良くありません。
乱視用カラコンはそれぞれBCが異なりますし、どのような商品が目に合うのかは人によって異なります。
小さいBCのものを使っていると目が締め付けられてしまいますし、充血を引き起こす可能性が高まります。

乱視用カラコンの初期不良には注意が必要です

乱視用カラコンの初期不良には注意が必要です 乱視用カラコンをつけていたら目が痛くなってしまったという人もいるかもしれません。
それはレンズが目に合っていない可能性があるので注意が必要です。
合わないものを使い続けた場合、失明などに繋がることもあるので注意しましょう。
乱視用カラコンで目が痛くなる原因としてはまず、初期不良が考えられます。
カラコンというのは直接目に入れるわけですし、装着前にきちんとレンズの状態を確認することが大切です。
レンズが変形している場合や破れている場合、そのまま使ってしまうのは良くありません。
目を傷つけてしまう可能性もあるため、初期不良に気付いたら早めに購入したショップに連絡しましょう。
基本的には製造したメーカーが交換などの対応をしてくれます。
また、長く使うタイプの乱視用カラコンの場合、レンズの洗浄が不十分であるために目の痛みが発生してしまうこともあります。
きちんと毎日洗浄し、清潔なレンズを使うようにすべきです。
他にも目の乾燥が原因で痛みを感じることもあります。

新着情報

◎2020/12/8

目に合わない場合はどうする?
の情報を更新しました。

◎2020/10/23

自分の度数を調べる方法
の情報を更新しました。

◎2020/09/30

サイト公開しました

「カラコン 初期不良」
に関連するツイート
Twitter